一定期間更新がないため広告を表示しています



フロリダの若い学者が、一頭の雌イルカに名前をつけ、それを発音させようと試みた。

イルカと人間では声帯が大きく異なるので、なかなかうまくいかなかった。
 
それでも、少しうまくいったときには、その学者は頭を上下にうんうんと振った。

二人(一人と一頭か)の間ではそのしぐさが、互いに了解した、という合図だった。
 
何度も繰リ返しているうちに、学者は、そのイルカが自分の名前とは別の、

イルカ語のある音節を同時に繰リ返し発音するのに気がついた。

しかしそれが何を意味するのかはわからなかった。
 

そしてある時、はたと気づいた。

「彼女はわたしにイルカ語の名前をつけ、それをわたしに発音せよ、と言っているのではないか。」
 
そう思った彼は、必死でその発音を試みた。

自分でも少しうまくいったかな、と思った時、

なんとその雌イルカは、うんうんと頭を振リ、

とてもうれしそうにプールじゅうをはしゃぎまわったというのだ。
















 
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL