わたしのスナップ写真でよく使う「影絵」の表現

自分なりに思いをめぐらせ 瞬間的にシャッターを切ることがあります


あとから見てみると いろんなストーリーが想像され 

自分勝手なドラマが生まれます

何点かご紹介します


         「僕のおじいちゃん」
いかにも若いときから体を鍛えたと思われるおじいさん
肩幅が広く 頼もしそうです 孫のサンダルの片方を持って やさしく
見守っている様子が 印象的でした




シニアのご夫婦と思われます 


若いカップルです 

見る人のその時の思いで いろいろな人生のストーリーが ドラマ化できますね

人それぞれの人生ドラマ

 ご自由に ご想像ください
関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL