こんにちは、「栗の木家具工房・木のギャラリー キムラ」です。

 

 

栗の木の色を比べてみて下さい。

 

 

 

 

 

右側は、十数年前に納品させて頂いた椅子。

 

左側は、製作後2カ月位経過した椅子です。

 

 

栗は、何もしなくても自分自身が持っている”渋(タンニン)”により色が濃く変化します。

 

そして、50年くらい経過すると「真っ黒」になると云われています。

 

実際、私自身古い家の大黒柱で「真っ黒な栗」を目にした事があります。

 

 

時間の経過とともに、味わい深く美しく変化する無垢の木の家具。。。

 

私達の暮らしを「暖かく」「優しく」見守ってくれますよ。

 

 

 

 

本日もご覧頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする