一定期間更新がないため広告を表示しています

 

インフルエンザがだんだんと猛威をふるってきました。

我が子の通う学校でも学年閉鎖になりました。

対象外の我が子の学年もマスク着用とされているようです。

 

先日夕方になって、夕飯の支度をしている途中からなんだか急に腰や、足がだるくなり・・・・

まさしくこの関節痛は「インフルエンザ」と思い、すぐさま体温計を・・・

 

37.2」やっぱり・・10年ぶりの発熱だ
と家族に言いふらし、もう一度計ってみると

35.5」あれっ???もう一回「36.2」もう一回「35.8」もう一回「36.7」もうばらばら・・・

 

いったいどれが本当なの!?AVERAGE 36.3…  


やっぱり熱ないの

 

それでも納得いかないまま、早くに布団に入り寝る事にしました。


しかし、何回も目が覚める度に熱っぽい気はしましたが、結局朝一番で体温を測りましたが、35.5でした。




なあんだどうやら妄想インフルエンザだったようです。

 

休む気マンマンだったのですが・・
(皆の驚きの顔も見てみたい・・)

 

まあ元気が何よりです


 ***************************

  

先日テレビだったかで、インフルエンザ対策として、


「室温20度以上、湿度50%以上に保ちましょう」

 

と言っていたのを思い出し我が家のリビングの温度と湿度をみたところ 23度の35%やっぱり乾燥してるんですね。

 

うちはダイキンのエアコンを使っていますが、購入当初からいかにも乾燥を防いでくれるような感じでしたので「美肌暖房」という設定で使用していました。

 

でも35%か・・・と思いリモコンを見ていたら、


「加湿暖房」というものもあり、設定を変えて15分。


えっあったかいじゃん

 

明日からこの設定にチェンジです。湿度45%の設定で23度でも十分に暖かい気がしました。

 

何でも思い込みはいけません。視点を変えてみることも必要ですね。

 

皆さんもご自宅のエアコン設定見直してみるといいかも知れません。



コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL