一定期間更新がないため広告を表示しています

 みなさま、おはようございます。

今朝の出雲地方は6時現在、氷点下2,2℃、放射冷却の影響でとても冷え込みました。普通なら今日で2月も終わりとなりますが今年は閏2月、明日もう1日おまけの日がありますね。何か得した気分なのか、早く2月が終わって欲しいのか微妙なところです。










今日は一日天気も良さそうなので、積み上げた木材も徐々に乾燥が進んでくれそうです。雨に濡れ、そして乾き、また濡れ、また乾き、の繰り返しで無理をしない自然乾燥の木がストックできます。








それにしても水溜りの部分は、

足元はツルツル状態でした。油断して歩くと転んでしまいそうでした。









ツルツルといえば、ますます進む僕の悩み。

必要な部分はどんどん密度が薄くなり、どうでもいい部分は濃いさを保ったまま、ガラス越しに見えたこの鳥に、何故か同情と共感を覚えたものです。お互いどげかせんといけんね〜って話しかけてやりました。









「どげかせんといけんね〜」といえば、先週末に乗った山陽新幹線の車窓から、

一瞬でしたが、こんな光景が見えました。この頃、何処でも見られ急速に普及した「住宅用太陽光発電」。僕が注目したのは設置場所、家の屋根が小さかったり美観を損ねたり、設置が難しい屋根も
現実としてあります。このCG画像のように、日当たりの良い場所にガレージスペースさえあれば、こんな技が出来るのですね。まさしくつぶやいた言葉は「アッパレ!」でした。

この光景を見て、「省エネ」から「創エネ」の時代に入ったんだなあと実感しました。わが社も3月からは「創エネ」機器である、住宅用太陽光パネルをお客様にお勧めしたいと思います。

それにしても、厳しい冬を越した僕の薄毛対策も、「省毛」から「創毛」へと時代は変わらないのでしょうか。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL