冷え込んだ朝は、布団から出るのがつらくなりました。
今日は、暦の上では「立冬」。

秋から冬になる、との意味でこの頃より冬の気配がたち始めるようです。

朝の気温も5℃前後になると、さすが「寒む〜」という感じです。


雲ひとつない冷え込んだ朝は、わたしにとってラッキーな日になりそうな予感。
しかも、一日中穏やかに晴れ

もうこうなると夕暮れが待ち遠しいものです。
何が何でも、これしかありません。

晩秋の出雲平野の風物詩となった夕日です。
しばし、静かに暮れ行く夕日をご覧ください。







10分間のドラマチックな夕暮れでした。

しかしながら、どこへ廻っても電柱、電線が多過ぎますね。

コレがないと、どの家庭も生活が出来ませんが・・・
写真家としては、地中に埋めていただけるとありがたいのですが・・・


 
     0731

 先日 弊社になかなか見慣れない車 HUMMER H2 がやってきました。 何しに来たかって コンパネ1枚買いに!
 オーナーは車友達である松田君で 赤来町出身で 出雲でアメリカンな服屋を経営しています。コンテナの改装や自宅の改装でも大変お世話になっています。
 GM 社があーなったのもこのアメリカ車特有のフルサイズSUVのせいだってされてるんですね。
 今年のGWに このHUMMERを1日レンタルさせて頂き三瓶山に行きました 車幅が異常なくらい広いけどなかなか快適でした。
 一つ言うと恥ずかしいです・・・
すれ違う車、人様みんなに見られ
ます。都会ではザラだけど島根ではまだ珍しいですね・・・
 と言う訳でそれほどデカイって事です。

 連日、話題の「東京ラーメンショー」・・・テレビで見ました。
ラーメン好きの私にとって、たまらない映像が写っていました。

全国のこだわり有名ラーメン店が、駒沢公園に大集合ですね。

今すぐにでも食べに行きたいところですが、750円のラーメン一杯の
ために、飛行機でいくのはもったいないし、暇はあっても予算は無いし
ただただ、東京に住んでいる人がうらやましい限りです。

悔しいので、自分で作って食べました。
これです。

夕べのおかず「鳥のモツ煮込み」が残っていましたので、インスタントラーメンに
入れて食べてみました。
ねぎタップリ醤油味です。

甘く濃厚なモツダレとインスタント麺が絡み合ってあっさり絶品です。
(インスタント粉末スープは使いません)
悔しさのあまりできた世界にひとつだけの「木・夢・楽ラーメン」です。


屋台も完成したことだし、ラーメン「木・夢・楽」で勝負したいものですね。
たかがラーメン、されどラーメン。

一杯、750円のラーメンが5日間で50万食売れれば
いくらの売り上げになるのでしょうか?

東京ならではの売上げかもしれませんね。





 今日は、文化の日。
年間を通じて全国的に「晴れの特異日」とされています。
ご当地も雲がやや多いものの、穏やかに晴れました。



秋の陽気に誘われ、出雲大社のおとなり「古代出雲歴史博物館」に
行って来ました。

この建物は、私の好きな建築物のひとつです。
総ガラス貼りの建物と、奥の鉄板の錆びた建物の対比が面白いと思います。
このアングルが気に入り、ここを訪れたときはいつも写真に収めています。

今日のお目当ては
古代から水木しげるまでと題した
企画展 「神々のすがた」でした。

当館の貴重な収蔵物や
県内外の神社から「神」に
まつわる秘宝が公開されて
いました。

今話題の水木しげるの
神を題材にした原画もあり
親しみやすい企画展でした。

「目に見えぬ神」をさまざまな
角度から想像することが出来ました。


「神」を勉強してから、おとなり出雲大社へ参拝。

祝日の今日は、たくさんの参拝客でした。

とてもかわいらしい参拝客や

ダダをこねてお母さんを困らせる光景もありました。

この光景を見て初めて気づきました。
今日は「大安吉日」。とても良い日なんですね。

みなさんニコニコで、新郎新婦からたくさん幸せをもらっていました。
近くにいるだけで、良い「気」がもらえます。

せっかく良い気をもらったのに、帰る道中この光景を見てビックリ。

北山の山々が、変な「紅葉」です。
新聞では見ていましたが、松くい虫の被害です。

大切な出雲の「松」が大被害です。
今年はあちこちで、「なら枯れ」の被害もあり、熊が里山まで降りてきたり
人間への被害もあります。すべてがこの夏の猛暑が関係しているのでしょうか。
被害が拡大しないことを祈るばかりです。


私事ですが、昨年4月よりランニングをはじめました



基本的に早朝10kmを週4〜5日、斐伊川土手を走っています


走り始めた理由は、大学サッカーを引退してからずっと自分の体を甘やかしてきたから


ここらでもう一回体をいじめ倒してやろうかなと



しかし走り始めてから単調に続けていても、なかなか長続きしませんでした


そこで目標を持つことにしました



『東京マラソン』


昨年はじめてエントリーしました


272,134人のエントリーに対して走ることが許されるのは32,000人(マラソン部門)


落選


それから目標を失った私は2ヶ月間走ることを辞めてしまいました


それでも今年に入ってから走り始め、めげずに今年もエントリーしました


今年は294,469人のエントリーに対して走ることが許されるのは32,000人(マラソン部門)


10月14日に通知メールが届きました





落選





一年前と違うのは、落選メールがきた翌朝走ることができました


今でも走っています


明朝も走る予定で目覚ましをセットしています





いつかこの東京マラソンのフィニッシュラインを越えるまでは走っていたいなと





その前に今月14日(日)

第一回斐川町駅伝カーニバルに夢先タウンチームの一員として参加します

松江店の池田さんも出られるそうです

池田さんの走りは要checkです


 今日で10月も終わりですね。
わが社では、今日がいよいよ決算の締め切りとなりました。
毎年この日は、私にとってもうひとつの大晦日となります。

今日の日曜日は会社はお休みでしたが、唯一、直販部の店舗
「木のギャラリーkimura]では、スタッフが最後まで頑張ってくれました。


結果は良くても悪くても、一年はあっという間に過ぎてしまいます。
まるでこの一年の情景を、この川の水面に映し出されているようです。
社員全員が、この一年良く頑張ってくれました。

気がつけば、今年も後二ヶ月を残すのみになりましたね。
これから駆け足で秋が過ぎ、冬に向かうことでしょう。

そういえば、まだ紅葉を見ていません。
今年もキレイな紅葉を見なければ冬に突入できませんよね。

そんな中、10月の思い出のショットはコレです。

私のウォーキングコース。さわやかな秋の風にたなびく「すすき」です。
右上には、チョコッと月が出てくれました。




 今週は、この秋一番の冷え込みがあったり、こんなに寒いのに
台風14号が日本列島に接近したり、異常気象が続いているのでしょうか

雨が降ったり止んだり、鉛色の空模様が続きました。

そんな中、業界の安全大会に行ってきました。

この大会は林材業と言って、山で働く仕事(林業)と、伐採された木を
製材加工する製材業に携わる人々の安全と健康を確保するため
毎年全国を巡って開催されます。
今回は、おとなり鳥取県で開催されました。

会場は、とりぎん文化会館。それにしても立派な会場です。
北は北海道から、南は沖縄まで関係者の方が参加されていました。

鳥取市あげて観光PRもしておられました。

来年は、全国豊かな海づくり大会も鳥取で開催されるようです。

文化会館「梨花ホール」では、大会前の歓迎レセプションとして
地元で昔から受け継がれている歌や踊りが披露されました。

コレが終わると開演です。それにしても立派な緞帳でした。

大会関係者のご挨拶で始まり、ご来賓の厚生労働大臣、林野庁長官のご挨拶
地元自治体の知事さん、市長さんのご挨拶がありました。
さすが、立派なご挨拶でした。

合間には、ゴスペルの女性グループの歌の披露があり
会場一体となって歌わされ、眠気防止になりました。
さすが、安全大会です。

われわれの業界では、今なお、労働災害で年間4千人近い方が被災され
50人を超える方が亡くなられているそうです。

近年、木材価格の低迷で、木に携わるどんな仕事も厳しさが増していますが
「最高の仕事は安全第一から」を、肝に銘じたいと思いました。