今日から三連休が始まりました

太平洋側で雪が降り いよいよ冬の終わりを告げる
なごり雪となるのでしょうか

しかし 今夜からは日本海側でも 風雪が強まる予報が出ています


こんな寒い日 夜が来ると待ち遠しいものがコレ↓

ビールや日本酒も良いのですが
焼酎ファンには 心身ともに温まるこれが一番ですね



この冬 イイ焼酎を見つけ購入しました

井上酒造さんの「櫻泉」
とてもシンプルで飲みやすいクセの無い いい酒でした


どうやら 入手困難な焼酎のようです
櫻の開花が待ち遠しいものですね




以前は わたしの焼酎も「この系」でした




そうです 「麦系」でした

いつの頃から 「芋」に変わっていきました




麦は 「いいとも」も良かったのですが やはりこれが「いいとも」 
「中々」は なかなか お勧めですね

黒木酒造さんの「中々」
高価なだけあって 味わいともども 風格があります




最後に わたしのお勧めは

やっぱり これです↑

芋焼酎 かめ壷仕込み(黒麹)

八木酒造さん猿ヶ埼蒸留所の 「千代吉」でした
杜氏さんが有名な方ですね

わたしの祖父の名前が 「千代」  父が「吉正」 この銘柄に出逢った時
迷わず コレに決めました

とても芳醇な味わいで わたしはあの「プレミアム焼酎」を超えてると思います
この酒も わたしの地元では売っていません

すべて 宮崎県産です 
頑張っています「宮崎県」

あなたの心を癒すのは 「麦」 「米」 それとも「芋」でしょうか?


 



 
一日の終わり 真っ赤に染めた夕日が 一日の終わりを告げるこの光景
昨年の夏至の頃に写した1コマです 
偶然にも鳥がファインダーに飛び込んでくれました


わたしが子供の頃は お日様は「お天道様」って 年寄りが言っていましたね

子供の頃 盛んに聞くことがあったこの言葉

「お天道様(おてんとうさま)に恥ずかしくない生き方をしなさい」
「お天道様は陰日向(かげひなた)なく見ておられるのだから」

当時の私には 年寄りの「罰が当たるよ」・・・という言葉がやけに効き目がありました
最近はほとんど聞くことがなくなりましたね

今思えば 何もわからない子供への教育の「例え」でした
もっともな教えでしたが どちらかと言うとややマイナスの「気」のイメージが
多いように思いました


これからわたしは これをプラスのイメージで 未来の若い社員に 
ひとつの「例え」として話すことにしたいと思います

「誰かが見てるよ」から  「誰かがきっと見てくれているよ」へ

戒(いましめ)の意味から・・・希望への意味へ・・・

どんなささやかなことでも 世のため人のために誠心誠意努力する君には
「だれかがきっとどこかで見てくれている」・・・認めてくれる・・・応援してくれる

そんな 言葉をかけてあげたいものです

つい先日 ネットですごく良い記事がありましたね
ご覧になった方も多いと思います

       
           「命を救った(助けられた) たった一言の言葉」


      ・・・ 幼子を連れ 列車に飛び込み 自殺しようとした若い母親・・・

    ・・・ 電車に乗ろうとしたサラリーマンにかけられた たった一言の言葉・・・

                  「可愛い子供さんですね・・・」

         
  その言葉で お母さんは自殺をあきらめました

               たった一言が 命を救うのですね




 抹茶のスイーツが食べたくなると行くお店があります
出雲市駅の近くのお茶屋さんなんですけど・・・種類も多くて美味しいです

今回は3人で行ったので3種類
ボリュームもあるしお抹茶の味がなんともいえません
シフォンケーキもお薦めババロアもゼリーも美味しいよぉ〜〜〜


お店には色んなお茶が並んでいます。
中に入らなくても買って帰ることも出来るんですよいいよねぇ〜〜


ちなみに、ぜんざいもあります



出雲にもたくさん美味しいお店ありますねスイーツでもランチでもいいのでいいお店あったら
みなさん教えてくださ〜い


*画像をポチットとすると 少し大きい画像が見れます

 
立春を境に 何だか春に向かう気配が 数日間続いています
今朝も少し冷え込みましたが 朝日が微笑んでいました

この頃の冷え込みを 昔から「余寒」と言うそうですね
余った寒さでしょうか



会社から見える今年の 「恵方」 南南東
太陽の屈折でしょうか 何か変な光が見えました
 




望遠で接近して見ると 少し屈折しています



天空を見上げると スペクトル光線が輪を描いていました

今日は午後から下り坂の予報が出ています

わたしの気分も一緒で 今日もこれから「ころころ」変わりそうですね
「余寒」ではなく 「予感」がします

その前触れでしょうか 今朝は特別な空模様が拝めました



そんな中 会合に向かう途中 カーラジオから懐かしいメロディーが・・・
まさしく青春時代初期 わたしの「清純時代」のこの詩


             君とよく この店に来たものさ♪
             訳もなく お茶を飲み話したよ

             学生でにぎやかな この店の♪
             片隅で聴いていた ボブディラン

             あの時の歌は聴こえない
             人の姿も変わったよ〜
             時〜は〜流れた〜・・・

               「学生街の喫茶店」
                  歌 ; ガロ(GARO) 1972年 日本の元フォークグループ


わたしにとって 何かメチャメチャ懐かしい曲でした
皆さんも 聴こえてくるメロディーで一瞬に「清純時代」に戻ったことありませんか

一週間前の晩ご飯に食べた「おかず」でさえ 何食べたか忘れているのに
三十数年経っても この歌詞は覚えているって不思議ですよね

心に残る「詩」ってすごいですね
ギターを持って歌いたくなりました



そんなんで わたしのアルバムの中から選んだこの写真






二年前に偶然通りかかった 倉敷の喫茶店「エルグレコ」
今思えば この詩にぴったりの「喫茶店」のように思えます

そういえば こんな純な喫茶店に入って コーヒーを飲んだのは
何年前でしょうか

残念なことに 田舎ではめっきり「喫茶店」が減ってしまいました

老後は「GARO」や「ボブディラン」の詩が流れる
レトロな喫茶店の「マスター」にでもなろうかな・・・

  このボトルは店の東側の窓の前に置いているんですけど

太陽の光を透かしてキラキラ輝いて、とてもきれいです。



大きさは、高さ140mm、口径は20mm、太いところの直径は70mmで、250ml入ります。

色は、RED、GREEN、PINK、AMBER(茶色)、PURPLE、SMORKE(グレー)の6色。

柄は、ドットと、ストライプの2柄。左のGREENと右のPINKがドット柄で、真ん中のREDが

ストライプです。



 お値段は、1個 480円(税込)です。



 アレンジするとこんな感じ。

キッチンの窓のところとかに、ちょっと置いてもかわいいかも。wwwwwwww

興味のある方は、オーダー家具と、インテリアの店

         木のギャラリー キムラ までどうぞ。
 以前、出雲のケーキ屋さん兇任款匆陲靴織院璽屋さん。。。今度はお店へ食べに行きました
やっぱりステキだし、とってもおいしかったです


前回と同じケーキを食べるなんて好みは、いつも同じなんだな〜って思いますが。

今日はケーキセットを選んで美味しく頂きましたがメニューを見てぁ〜パフェとか
プリンとか色んなスイーツがたっくさんありました次は絶対コレだ
と心に決めて帰りました。

楽しみ〜〜

(*画像をクイックすると もう少し大きい画像が見れます)
 
 近年、住宅建材に含まれる発がん性物質「ホルムアルデヒト」などによる

「シックハウス症候群」という言葉が一般的になり、これを含まない建材が使われ始めています。

国土交通省もシックハウス対策を強化するため、H15年7月に建築基準法を改正しました

これに伴い、建材についてはシックハウスに関する規制が強化されましたが、住宅内で使われる家

具や壁紙については、特に規制がない状態です。

しかし、部屋の中で暮らす以上、やはり家具や壁紙についてもシックハウス対策を考える必要があり

ますよね。



 キムラは、材料、接着剤、塗料すべて、人体に害のないものを使用し、皆様に

 からだに優しい家具をお届けしています。

 

 

 オーダー家具、無垢の木の家具のご用命は

      木のギャラリーキムラまでどうぞ!!