2日目の研修先は、愛知県新城市にある

 大森木材さんのプレカット工場です。
 昨日見学した機械メーカーさんの機械が実際に稼動している工場です。

 事務所棟でご挨拶をして、責任者の方に工場を案内していただきました。

 女性の方が加工用木材を機械に投入しておられ、男性が多い職場の中で
 雰囲気が和らいでいい光景です。
 作業用エプロンがよく似合い、とても頑張っておられました。

 しかし、大きな木材は何と言っても男の仕事です。

 このマシンは多機能加工の機械で、ロボットアーム(黄色の部分)が色々な
 刃物を自分で勝手に選んで掴み、斜めにカットしたり、丸くしたり、穴をあけたり
 コンピューターで指示された仕事を正確に加工する、疲れを知らないロボット
 です。

 こうして色々な加工された木材パーツを1棟分ごとにまとめられ、出番の日まで
 待つことになります。

 この工場では、加工能力が月産1万坪だそうです。
 都会の新築一戸建てが30坪だとすると、約300棟くらいの供給が可能です。
 広い場内は、ごみひとつ落ちていない整理・整頓された工場でした。

 次に向かったのは、三重県多気郡多気町。
 高速道路が工事のため渋滞し、三時間以上かかり到着しました。

 ここは、昨年竣工したばかりの西村木材店さんの多気工場。
 国産の木材ばかりを製材する最新鋭の工場で、世界レベルの設備が導入された
 日本を代表するモデル工場です。

 この方が会長さんで、社長である息子さんと共にこの工場を立ち上げられました。
 約28億円以上の設備投資だそうで、とてつもない工場でした。

 敷地面積6万3千平方メートル。ピントきませんが、都会の一戸建ての団地だと
 道路を付けても、軽く300軒以上建つ面積です。

 会長さんの後に続き、ゾロゾロ見学させていただきました。

 中部圏域の広範囲の山から、大型車で丸太が大量に直接工場に運ばれ、
 木を出される山主さんに安定した価格で買い付けされ
 安定的に供給してもらえる仕組みが出来ているようで
 これらを高速・高精度で製材し、乾燥する体制を確立されたようです。

 丸太から製材された角材を乾燥装置に入れ、水分を除きます。

 この最新鋭の工場では、われわれの業界用語で言う、月産5,000立方辰
 製材品が現在生産されているようです。

 一般的にわかりやすく言うと、木造住宅の柱、長さ3メートルの12センチ角の
 角材が、一ヶ月フルに稼動して、一日約3,800本出来ることになります。

 事務所棟の横にあった石碑に

 「 すべての
     木材加工の原点は
          製材加工に有り 」
                      と記されていました。

 会長さんの熱い情熱が感じられたインパクトのある研修二日目でした。


 先週は3日間にわたり、島根プレカット協会加盟3社の皆様とご一緒させてもらい
 木材加工の研修旅行に参加しました。

 朝6時過ぎに会社を出発し、バスに揺られること8時間半、たどり着いたのは
 愛知県豊橋市。
 初日の目的は、木材加工機械メーカーで有名な「宮川工機」さんへ訪問しました。

 到着後、まずは最新情報の勉強会です。
 近年ますます建築に求められる基準が法改正などで変わり、それに対応でき
 るようになったようです。

 難しい勉強が終わり、実際の加工機械を見せてもらいました。

 こんな機械や

 こんな機械や

 いずれも、最新の木材プレカットマシンです。
 すべてコンピューターで動きます。

 これは、束材(つかざい)というものの見本です。最新のマシンでは
 厚さ10ミリを残して機械加工が出来るんですね。
 まったく驚きです。

 これらの機械で特殊加工した実物の見本が展示してありました。



 昔は熟練の大工さんしかならなかった複雑な組み手加工が
 コンピューターからの指示で、最新鋭の機械でいとも簡単に
 加工できるようになったようです。

 私はこれでいいのかとも思いましたが、熟練の腕の確かな大工さんが
 減ったのは事実で、ここまで機械化できれば脱帽です。

 メーカーさんの丁寧な説明で、初日は日が暮れるまで
 みなさま熱心に研修されました。
 秋の味覚を求め、三瓶山に行きました。

ここは、お得意さんであるK建設さんの観光栗園。
今日は貸切で特別にご案内を受けたので、みんなでゾロゾロお邪魔しました。

今日のゲストは、モモちゃんと、いとこのマキちゃんです。
わたしの孫ではありません。

さっそく、用意してもらった竹でバッサ・バッサと栗を落としていきます。

たまに、頭に落ちてきて「痛っ」!落とし役は帽子、ヘルメットが必須ですね。

もうこうなると夢中で拾います。

白いのが皮が剥きやすいそうです。

結局、子供たちは腰が痛いと言い出し、大人が最後まで夢中で拾いました。

木の葉も少し色づき始め、高原を吹き抜ける風がさわやかで気持ちのいい一日
になりました。
わたしも十数年振りの栗拾いでしたが、こんなに楽しかったのは初めてでした。

皆様も「秋の味覚」は、お早めに・・・



今日からまた、3連休が始まりました。
あいにくの雨模様のスタートとなりましたが、県外ナンバーの車が多くなりました。
秋の行楽シーズン到来です。


先週はこの混雑予想を避け、一足お先に旅に出かけました。
たどり着いたのは「京都」。
ほんと久しぶりです。

太閤秀吉とねねでお馴染みの由緒あるこのお寺。
ここへ車を止めて、清水寺に向かいました。

みなさまご存知の産寧坂(三年坂)をとおり、清水さんを目指します。

さすが、京都らしい風情があります。

何十年前の修学旅行を思い出します。
こんな扇子を「センス」よく部屋に飾りたいですね。


昔も今も「清水さん」は変わりませんね。
この日も、外国人を含めたくさんの参拝客でした。
紅葉の時期は、きっとすごい人でしょう。


参拝を終え車に戻る途中、こんな看板に誘われ心が動かされました。
NHK大河ドラマで好評な「坂本龍馬」です。
観光バスで連日たくさんの人がお参りするようです。

お墓にお参りするのに500円の入場料がいります。
さすが幕末の大物ヒーローがたくさん眠る墓地ですね。

ここは、京都東山区霊山護国神社。
左のお墓が「坂本龍馬」。そのとなりに、「中岡慎太郎」が眠ります。

慶応3(1867)年11月15日の夜、醤油商・近江屋で海援隊長の坂本龍馬(当時
33歳)と陸援隊長の中岡慎太郎が襲撃されました。
彼らを襲った刺客については、未だ謎のままとなっているようです。


彼らは現在の日本の姿をどう見ているのでしょうか。
自分たちが描いた「理想」は何だったのでしょうか。

現実に悲観せず、「志」をもって生き抜くことを、この二人の像が教えてくれた
ように思えた東山の旅でした。

二人とも、下から目線でした。
下から上を目指しましょう!

 今日から10月が始まりました。
「心機一転」、決断のスタートを
切られた方も多かったのではないでしょうか。
いよいよ本日から現実のものになり、早速確認してきました。


愛煙家には辛く厳しい、大幅な値上げとなりました。

愛煙家の私にとっても、またとないチャンスが来たのかもしれません。

本音としては、将来的に消費税がアップされるときに値上げして欲しかったのですが

この時期、「タバコ」だけが狙い打ちにあった感がちょっぴり残りますが

今回だけは周囲の人のため、自分の健康のために

今日から「節煙〜禁煙」というきわめて甘いステップから初めて見たいと思います。

これを機会に禁煙される方が多いと思いますが
辛いとき、この応援歌を思い出してがんばりましょう!

              < 辛いのは
                       幸せのはじまり >
        
                 辛いこと
                 淋しいこと
                 悲しいこと
                 苦しいこと
                 痛いこと

                 我慢、辛抱を耐える力は
                 幸せになるために
                 神さまが
                 乗り越えられるかどうか
                 場を与えて
                 試してくれている

                 辛いの字に一本加えたら
                 幸せの字になった

                 辛いことは有難いことなんだ
                 幸せの始まりなんだ
                 辛抱の辛に一本加えると幸せを抱くことになる

  どうですか?ちょっと大げさかも知れませんが
  禁煙された方々は、これを乗り越えて幸せになっておられると思います。

やっぱし誰もが健康で長生きしたいし
いつまでもこんなきれいな夕焼けが見たいものです。
わたしの場合、すでに手遅れかもしれませんが・・・がんばってみます。

 記録的な残暑の9月も今日で終わり、明日から10月ですね。
朝晩はちょっと肌寒く、昼間は半袖か長袖か迷う頃、春もいいけどこの頃が
一年を通して一番いい季節かもしれません。

我が家の近くでは未だ、コスモスがキレイに咲いています。
秋の日差しと爽やかな風に吹かれて、思わず
浮かんでくるのはやっぱりこの歌。

                「秋桜」
           
           うす紅の秋桜が秋の日の
           
           何気ない陽だまりに揺れている
           
           この頃涙もろくなった母が
           
           庭先でひとつ咳をする・・・

          (うーんやっぱり永遠の名曲ですね。)

ところで、昨日と今日は、関係先でご不幸があり葬儀に参列しました。
お一人の方は90代、お一人の方は80代、この夏の猛暑が影響したのでしょうか

9月は「秋バテ」という言葉も飛び交いました。
なにせ、この夏は百歳の方でも経験されてない「暑い夏」だったそうです。

お二人とも永年「世のため、人のため」に尽くされた方だったようです。
故人のご冥福を祈りながら、K先生の言葉が浮かんできました。

           「支えられる人より
                  支える人になりたい」

             人生お一人様一回限り
                人生二度なし
                 一期一会
               今は今でしかない

               一回限りの人生
           己を生かし人のために生きよう
               自分の足で歩もう
               自分らしく生きよう
                 自分らしく

          家を支えている礎(いしずえ)がある
             家庭を支えている人がいる
             家族を支えている人がいる
              支えている人がいたんだ
                   ・・・・・・・
               支えられていたんだ




 つい一週間前に、見上げる空は「夏と秋」との攻防戦。or


お彼岸すぎたらすっかり空気が入れ替わったようですね。


じーっと見ていたくなる秋の空。

そんな空を見上げながら〜とほとほ歩く〜至福の時間。
わたしの歩くいつものコースに歓迎できないアートがあります。


ここを通るたびに気分が悪くなります。
そうです・・みなさまもあちらこちらで見られると思いますが、
公共物への落書きです。こんなのアートに見えますか?

拡大したらこんな感じです。
横に回っても

シャッターにも落書きしてます。
しかも、驚くことに最新作を描いていました。
コレです。

ついこの前までなかったです.
まったくもってとんでもない絵描きがいるもんです。
自分の家や自分の部屋だけに画いて欲しいですね。

きっと、この絵描きの小さい頃は、自由に落書きができない環境か
親のきびしい躾があったかもしれません。

小さい内にたくさん落書きした子はこんなことしないでしょうね。
しかし、ずーっとこのままでいいのでしょうか?
勝手に消せないし・・・

ここを通るときは見ないようにして、上を向いて歩きたいと思います。



ここは何と言っても、素晴らしい自然が体感できる私の大好きな場所です。